This Is My Story

これが私のストーリー

【ディス イズ マイ ストーリー/ これが私のストーリー】では文字もしくはビデオを通じ、乳がんによって影響を受けた個人の想いを語ってもらうプログラムです。アメリカのKeep A Breastでは今まで何百ものストーリーを公開してきましたが、どれ一つとして同じものはありません。ある人は強さを表現し、またある人は感情のハードルについて、日々のチャレンジについて語っている方もいます。これらは乳がんに対して”普通”の答えはなく、がんによる影響は区別できるものではないということを気付かせてくれています。また、有名なアスリート、ミュージシャンたちが語る体験談【ディス イズ マイ ストーリー】を聞いて、人々は自分たちも似た経験していることに気付きます。これらの体験談を見聞きすることで孤独感を軽減させ、サポートを求めるきっかけになったとの報告を何度となく受けました。Keep A Breastはこれらの体験談を記録し、KAB(US)のYouTubeチャンネル(リンク)や、数々のソーシャルメディアにアップしています。こちら(リンク)をクリックして、公式Facebookページ内の”This is My Story”アルバムでご覧下さい!

Keep A Breastミッションの中でのこのプログラムの役割

【ディス イズ マイ ストーリー】は、若い人々に向けた乳がんコミュニティを構築する為にKABが取り組んでいるプログラムです。それぞれのストーリーは会話のきっかけであり、継続的な対話の始まりに過ぎません。ここで語られるストーリーは、簡単な方法でありながら、あらゆる複雑な感情を表すことで、若い人々がより多くの支援や情報を手に入れるサポートをします。

 

参加するには?

乳がんによって影響を受けた方なら、年齢問わずどんな方でも【ディス イズ マイ ストーリー】で体験談をシェア頂けます。

過去には中学生から音楽ツアー”Vans Warped Tour”のバンドメンバーまで参加しています。

 

何から始めれば良いの?

【ディス イズ マイ ストーリー】は、誰でも手早く簡単に参加することができます。YouTubeのKeep A Breast (U.S.)公式チャンネル(リンク)で既に寄せられたビデをチェックしてください。または、ご自身のストーリーの掲載をご希望の場合には、このPDF用紙をダウンロードして体験内容を明記のうえ、下記のKeep A Breast Japanのメールアドレスまでお送りください。
(注)当団体によるビデオ編集作業は現在休止中です。

メール送り先: info@keepabreast.jp