KEEP A BREAST JAPAN

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Donation
  • contact

(後編)発覚時によぎったのは愛息子の顔。「私は死ねないんです」と訴えた

HEALTH 2017.10.11
(後編)発覚時によぎったのは愛息子の顔。「私は死ねないんです」と訴えた

47歳で乳がんに羅患した藤沢愛子さん(仮名・49)のインタビュー後半。今回は手術後の生活の変化についてお話を伺いました。

1ヶ月ほどで普通の生活に

 初期の乳がんの手術後、2ヶ月の休暇を経て会社に復帰した愛子さん。愛子さんいわく、ステージ0で3ヶ月の休暇を取るのは長い方だという。愛子さんは乳房を全摘したが、一部の摘出の人の場合は3〜4日で退院、1週間ほどで仕事復帰という人もけっこういるのだとか。愛子さんの場合も、通常の生活に戻るまで、さほど時間はかからなかったという。

「胸の傷があるので、満員電車の時間帯は出社を避けさせてもらったりとかはしましたね。時短勤務から始めましたが、1ヶ月くらいで普通になった」

違和感を覚えた“乳がん報道”

 現在、乳がんに関してはマスコミの報道の影響で、勘違いされていることも多い。愛子さんも、違和感を覚えることは多いという。

「乳がんになると、罹患者はみんな抗がん剤で髪が抜けて、味覚も変わって、行動のすべてが制限されてしまうと思っている人が多いのですが、そんなことはありません。あと、手を上げるのが不自由になったのではと心配されることも多いのですが、個人差はあると思うけど、私に関しては全くありませんでした」

何物にも変えられない自信がついた

 手術後、容姿もライフスタイルも大きくは変わらなかったという愛子さん。考え方や生き方など、心の変化で一番大きいところは何だったのだろうか。

「変わったと思うのは体が軽くなったこと。悪いものが、がん細胞が無くなったというのは、やはり大きかったです。それまでは疲れやすかったり、だるかったりしたので。悪いものを取ったわけだから、体的にはすごく楽になるなど、フィジカル的に変化は大きかったです」

 あと気付いたのは、周りの友人たちのありがたみだったという。

「あの時はこうだった(病気をしていた)んだよ、と話したら私以上に友人たちが、大変だったねって、すごく自分の気持ちに心を重ねてくれたんです。果たして、逆の立場だったら、私もそうしてあげられるかな、そう思ったら何物にも変えられない自信というか、生きる力になりました」

良い風が吹いてきている

 愛子さんは、今、乳がんを経験してから新しい風が吹いてきていると強く感じているという。

「今色々新しいことに挑戦中です。NPOのボランティアも初めてやることだし仕事の復帰の場所も新しい仕事になって、すごくありがたい仕事で。人との出会いも全然今までと違うし、仕事もライベートでも、うまく言えないんだけど新しい風が吹いてきているし、良い気が回ってるなぁという気がしてます」

 そういってニッコリ笑う愛子さん。そんな愛子さんは「世間は乳がんを恐れすぎ」だと感じている。

「乳がんのありがたいところは食事制限もないし、歩行にも問題ない。次の日から普通のご飯食べられるの乳がんだけ。だから、がんの中でも特別だと思います。早期発見ができればそんなに悲観的になることはないです。私の知っている乳がんサバイバーはほぼほぼ普通です。見た目はもちろん生活も変わりません。そのためには、早期で見つけることが大事だと思います。自分の体に意識をむけて、少しの異変でも気が付けるようにする重要性をみなさんに知っていただきたいです」

113 VIEW

RECOMMEND