Eat Your Medicine

医食同源

多くの食品には自然の抗がん物質が含まれており、ガンの進行を減らします。可能であれば危険な化学製品やホルモンがあまり含まれていない、認定オーガニック製品を選んで下さい。

米国の健康・環境監視団体 Enviromental Working Group (EWG)は、生産物での農薬を避ける為の素晴らしい資源を開発しました。彼らの”2012年農薬生産物お買い物ガイド”では、最も農薬が残留しているフルーツや野菜である、”農薬まみれの12品目” 、農薬があまり含まれていないフルーツや野菜”クリーンな15品目”が掲載されています。ぜひこれらの”農薬まみれの12品目”はオーガニックのものを選びましょう。

日々の食生活によりガンに打ち勝つ食品を心がけて食し、KABのfacebookで美味しいレシピや、楽しいヒントをチェックして!

Cruciferous Vegetables: アブラナ科の野菜

ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、パクチョイ、ケール、芽キャベツなどがこれに含まれます。これらの野菜は胸の細胞が発達、分裂を引き起こす悪性のエストロゲンの活動を抑制し解毒エストロゲンを助ける成分が含まれているようです。

Flaxseeds: 亜麻仁

これらはオメガ3脂肪酸や植物リグナンを豊富に含んでいます。亜麻仁は乳がんに打ち勝つための最強の食べ物とも言われています。

Turmeric: ターメリック

インド料理で良く見かけるターメリックは、ビタミンEやCの300倍もの抗炎症作用があり、乳がんになるリスクを軽減する可能性があります。また、肝臓酵素を活気づけ、エストロゲンの毒をきれいにするのに役立ちます。

Fiber: ファイバー(繊維)

線維の高い食事をしている女性は乳がんになるリスクが少なくなる可能性があります。不溶性線維は大腸の中のエストロゲンと結合し、身体から排出してくれるのです。

Green Tea: 緑茶

中国では4000年もの間、緑茶を薬効目的で収穫してきました。緑茶はガンの進行を遅らせ、身体のエストロゲンの制裁を減らす可能性があります

Soy: 大豆

適量の大豆製品を摂取する食生活にする事により、乳がんになるリスクを軽減させる可能性があります。

Garlic: ニンニク

ニンニクにはガンを自然に予防する免疫力強化を助けるとされる硫黄化合物が含まれています。

Red Fruits and Vegetables: 赤いフルーツや野菜

トマト、すいか、ビーツ、赤ピーマン、赤いブドウ、さくらんぼには、ガンになるリスクを軽減する可能性のあるリコピンが含まれています。

Orange/Yellow Fruits and Vegetables: オレンジ色や黄色のフルーツや野菜

かぼちゃ、さつまいも、にんじんには、ガンになるリスクを軽減する可能性のあるカテノロイドが含まれています。

Blueberries: ブルーベリー

ブルーベリーはダントツの抗酸化パワーを持っています。この抗酸化物はガンに発達する細胞にダメージを与える不安定な合成物を中和し安定化させると言われています。

Kiwifruit: キウイフルーツ

キウイフルーツは、ガンと戦う小さな手榴弾!ビタミンC、ビタミンE、ルテイン銅などの抗酸化物が含まれています。

Grapes: ぶどう

ぶどうは、抗がん含有物であるリスベラトロールを多く含んでいます。

Sauerkraut: サワークラウト

次のピクニックにはぜひサワークラウトを持っていって!発酵の過程を経る事によりサワークラウトが、抗がん合成物に関与しているとフィンランドの研究者により発見されています。塩分を減らす為に缶詰や瓶詰めに入ったサワークラウトは少し洗浄するとなお良いでしょう。

Proteins: プロテイン

肉を食べるよりも豆腐や豆、ナッツを食べるのが正解!黒豆やアーモンド、くるみには良いプロテインが含まれています。