KEEP A BREAST JAPAN

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Donation
  • contact

トレーナーとの出会いが私を変えた!「体を鍛えるだけでなく精神的にも健康になれた」

EXERCISE 2017.11.29
トレーナーとの出会いが私を変えた!「体を鍛えるだけでなく精神的にも健康になれた」

モデル・浦浜アリサさん。9頭身という抜群のスタイルで、体系維持のためにエクササイズに取り組んでいるけれど実は運動が大の苦手だという。そこで、苦手でも続けられた理由を聞いてきました。運動が苦手で始めることに二の足を踏んでいるかた、必読です。

エクササイズを始めたきっかけとは

22歳の大学卒業後、学業にあてていた時間がごっそりあいてしまった期間があり「こんなに時間があるなら何か始めないともったいないな」と思ったんです。今まで自分と向き合うこともしてこなかったし、思春期で、体のラインが変わり、もどせなくなったことに悩んでいた時期と重なっていました。運動は大嫌いだけど、モデルにとって体系維持もお仕事だし、新しいことを始める時期なら挑戦してみようと思ったのがきっかけです。それからずっとエクササイズはライフワークになっていますが、正直いまだに苦手です。やらないで体系維持ができるならやりたくないくらいです(笑)

苦手でも続いた「パーソナルトレーニング」と「キックボクシング」

続けられたのは木村トレーナーのおかげです。彼の人柄にひかれたのもそうだし、鍛える=体をバキバキにする、ということではなく、例えば、肩こりや姿勢の改善に胸や脇のストレッチをしたり生理痛の緩和やヒップアップのトレーニングの効率を上げる為に骨盤底筋を鍛えたりと、伸ばす・ほぐす・小さな筋肉にもこだわるのが「体を鍛える」ことだと教えてくださいました。そして3ヶ月通うと、みるみる自分の体が変化して、やりがいと楽しさを感じました。それで『この人なら信頼できる』と思ってから、4年以上このトレーナーさんについて頂いています。

いろんな運動を試したのですが、軸になっているのは、このトレーニングだと思います。くびれができなのが悩みだったのですが、「腹筋してもくびれはできないから」と言われて。背中の広背筋というピンポイントのトレーニングと、長身が原因の巻き肩で、姿勢の改善というところから後ろの筋肉を鍛え、本当に小さな筋肉もレーニングしていった結果、まず腕が細くなり、くびれができました。それが1番の変化で、ただがむしゃらに鍛えるのではなく、目的にあわせたトレーニングを行うことが大事だと実感しました。

ストレス解消の気持ちよさにはまった「キックボクシング」

始めたのは、知人から誘われたのがきっかけですが、一度体験したらすごく楽しくて。
パンチやキックをする衝撃がこんなに気持ちいいとは(笑)

ストレス解消の気持ちよさと、このジムでもトレーナーさんのお人柄の良さと、全部に一目ぼれして、体験したその日に入会していました(笑)パーソナルもキックボクシングも生活の一部です。歯磨きするとか、というものと一緒ですね。

運動の一番の効果は「精神的に明るくなること」

運動を始めてフィジカル的な部分はもちろん変わったのですが、今年の頭くらいから忙しさからか、悩みからか心がもやもやしてた時があり…。そんなとき、二週間ぶりにキックボクシングへ行き、終わった瞬間、さっきまでのもやもやが晴れているのを感じました。会長に「最近、精神的なもやもやがあったんだけど晴れました!」といったら、「運動の一番の効果ってそれだからね」と教えられて。「身体を動かすことで脳自体もクリアになるし、精神的に明るくなるから選択肢も自然といい方向へいくと思うよ」と言われてハッとしました。

運動は体のためだけでなく、心のためにもやるべきなんだなって。身体と心にも変化をもたらすのが運動なら、こんなに健康にいいものは続けるべきだなと思いました。

運動を続けられる、もうひとつの理由

運動をはじめてから5年目になるのですが、すごく得意になったというより、これなら続けられるかなって感じです。トレーナーさんたちと仲良くなったので、その方たちに会いたいなと思ってトレーニングにいくこともあります(笑)。信頼できる、お任せできる人に出会えると、トレーニングとの向き合い方がすごく変わると思います。

運動自体が好きになったかというのはノーコメントで!(笑)

488 VIEW

RECOMMEND